シャンプーの重要さに関して考察する。どれほど増毛剤を使用してきちんとハゲ対策を実行していても、シャンプーのしかたが正しくなければ満足のいく成果が出ないんだという。シャンプーの仕方によって頭皮を不健康にできるのだと言いきれる。

シャンプーを変えるだけで効果あり

洗髪料を変えてみて髪のふさふさ感がわずかに増した気がしておしゃれな髪型も労せずアレンジしやすくなったような気がするのです。髪の抜け具合もなくなったみたいだし、これからも使ってみることを決めました。

私が購入したスカルプシャンプーを見てみると『洗髪料というものは頭皮や髪の汚れを洗浄するのではなく頭皮(スカルプ)の環境を向上させることこそが主目的』なんという説明が書いてあったのですが、現実使用してみると確かにそうかも…と頷く他ありません。
アスロングは高価なシャンプーで有名ですが、その効果も確かです。
ネットではいろいろと賛否ありますが、次のサイトを見るとしっくりきました。
→アスロングは効果なし?

シャンプーは育毛をサポートする

これは薄毛対策における秘策ということですね。自分自身は育毛対策の土台は頭皮の衛生だと考えてきたので、日々洗髪しているのですが、果たして人の地肌は清潔を保ってるのか疑問です。洗髪することと、頭皮の状態が衛生的だということは結びつかないのではないかと考え始めています。布団類も常にキレイに保つということが重要です。

寝具が不衛生な場合直接接している地肌も当然、清潔さをキープすることが困難になり菌やカビの繁殖が始まるそうです。防止策としてまめにピローカバーやシーツを天日干しするようきれいな寝具の環境で寝ることを心がけています。
現在の人は行き過ぎなくらいに潔癖症な人が多いそうですが、脱毛ケアをきっちりと実践しているようでいて、実は地肌環境は清浄ではないと学びました。養毛対策について行きづまっている方はこのような考えから養毛環境が健全であるかを調べなおすことがベストなのでしょう。